NEWS一覧

その他カテゴリ

『マイナビニュース』に掲載:e-PAPクラウド

「e-PAPクラウド」がマイナビニュースで紹介されました。

事例で学ぶ、 Microsoft Azure活用術 ~クラウド移行編~
Microsoft Azure を採用することで、オンプレミスと同等の操作性をもったクラウド サービスの提供を実現 - エッサム
会計事務所向けに、オリジナル事務用品や経営、税務セミナー、Web サービスといったソリューションを提供し、会計事務所をトータルで支援する、株式会社エッサム。会計事務所専用業務システムの開発と提供も行う同社は、顧客ニーズの多様化を見据え、2016 年 8 月より同社初のクラウド サービス「e-PAP クラウド」を提供開始しました。

.NET を利用し開発されたオンプレミスの財務、税務システム「e-PAP」は、優れた操作性を評価され、同社の主力製品となっています。その e-PAP のクラウド化においては、「いかにしてオンプレミスと同等の操作性を実現するか」がまず求められます。株式会社エッサムでは、提供基盤に .NET との親和性が高い Microsoft Azure を採用することで、クラウド化におけるこの課題をクリアしました。さらに、Azure の持つ高い信頼性は、同社顧客への安心感にもつながっており、提供してまだ間もない中ですが、e-PAP クラウドの採用企業は着々と広がっています。

記事本文はこちら

『ITpro SPECIAL』に掲載:e-PAPクラウド

e-PAPクラウドが『ITpro SPECIAL』に掲載されました。

エッサムの会計事務所のための財務・税務システムをMicrosoft Azureでそのままクラウド化
大手システムインテグレータのシーイーシーは、同社が設計と実装を支援したエッサムの財務・税務システム「e-PAPシリーズ」のクラウド化をMicrosoft Azureを使って達成。エッサムはMicrosoft Azure版のe-PAPの運用を2016年8月に開始する。Microsoft Azure採用の決め手になったのは、.NETベースのオンプレミス版と同等の使い勝手を得られることだ。データベースにもMicrosoft Azure SQL Databaseが使われている。

fig01.gif

Microsoft Azure上で動作するe-PAPクラウド版
確定申告時期の大量入力にも耐えられるオンプレミス版と同等以上の入力レスポンスタイムを実現

記事本文はこちら

  1. 前へ
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 次へ