e-PAP支払調書・
年末調整システム

  • ■ 支払調書
  • ■ 年末調整

特長

  • 個人申告に関わる業務を統合一元化

    e-PAP支払調書・年末調整システムでは、年末年始に作成する以下の資料を作成することができます。
    ●支払調書 ●年末調整
    給与支払報告書と支払調書のデータから、源泉徴収合計表や内訳書も作成します。顧問先、取引先送付用タックシール印刷にも対応しています。

  • 年末業務をスタートダッシュで効率化

    顧問先に年末調整に必要な書類や情報をスムーズに、モレなく用意してもらうため、その年に必要な書類を記載した「年末調整のお知らせ」や、システム登録情報を従業員に渡して確認、修正してもらう「年末調整準備シート」をご用意。事前に準備、入力をおこなうスタートダッシュで年末調整業務を進めることができます。

  • マイナンバー管理機能が標準搭載

    e-PAPの税務システムは、マイナンバー管理機能を標準搭載しており、別途システムを購入する必要はありません。年末調整前のマイナンバー収集から、マイナンバーの保管・利用時の安全管理措置、必要が無くなったマイナンバーの削除、廃棄まで、システムが総合的に支援します。安心してマイナンバーを扱うことができます。

  • 電子申請も簡単。電子申告標準装備。

    所得税確定申告書、個人決算書、消費税申告書など、個人申告システムで作成した申告書や資料は、顧問先毎にまとめて一括出力できます。資料印刷の手間を省き、申告書類や顧問先への説明・提出資料の印刷モレも防ぐこともできます。税務署配付のOCR申告書あて打ち、自動両面印刷にも対応しています。

サブシステム

  • 支払調書システム

    支払調書をワープロ感覚で直接入力できるほか、支払内訳を支払先単位で入力する「内訳入力」、月次単位で入力する「月別入力」をご用意しました。 内訳を事前に入力しておくことにより、 繁忙期の業務負担を軽減します。

  • 年末調整システム

    一時に集中する年末調整業務をシステム化し、 「準備→入力→チェック→提出(税務署等と受給者) 」の流れを実現しました。 給与実績を月次入力することで、年末の業務負担を軽減します。